8個入り

Tagged
【高知県】青柳 土佐日記
紀貫之「土佐日記」を記念して誕生したお菓子で、昭和の時代から高知で親しまれきています。最近リニューアルしたそうで、柔らかいお餅(求肥)に独自製法のそぼろをまぶしたこだわり食感はそのままに、餡に土佐の天日塩を”ひとしお”加えて甘みを引き立たせて、まろやかな味に仕上がっているそうです。パッケージデザインもリニューアルしたん...
【徳島県】阿波の稔り菓 穣々
徳島の名産品”なると金時”を贅沢に使用した餡をマドレーヌで包み込まれています。栗のような甘さのなると金時としっとりとした白餡が混ざり合い深い味わいに仕上がっているそうです。
【山口県】月でひろった卵
ふわふわのカステラ生地に山口県産の牛乳をたっぷりと使ったカスタードクリームと和栗の粒が入った、山口を代表する銘菓です。1986年から製造がスタートしていますが当初は機内食として製造されていたそうで、小野茶やチョコレートなど何種類か味のラインナップがあります。
【広島県】もみじファミリー
やまだ屋さんは昭和7年の創業当初からもみじ饅頭を製造されていて、伝統の味を継承しつつ時代に合わせたラインナップを展開しており、もみじ饅頭だけでなく様々なお菓子を販売しています。
【岡山県】清水白桃プリン
栽培が非常に難しいとされる岡山の”清水白桃”の美味しさをもっとたくさんの人に伝えたいとの想いから生まれた、岡山県青果物販売さんの”清水白桃プリン”。”本物の味をお土産に”を実現するために、ふんだんに桃ピューレが使用されています。
【奈良県】菊之寿
特別なオーブンで焼き上げ、しっとりとした洋風生地にホクホクの黄身餡がお茶請けに絶賛されている、本家菊屋さんの”菊之寿”。ケーキのような和菓子ということで楽天市場ランキングで1位を獲得したこともあるそうです。
【滋賀県】レアチーズ大福
柔らか〜いお餅に少し固めのクリームチーズ餡とアクセントのラムレーズンまたはクランベリーが入った生菓子です。ラムレーズンとクランベリーが通年販売(店頭では季節限定)で、”洋菓子のような和菓子の味”にこだわりがあるそうです。
【岐阜県】南陽軒 栗きんとん
数ある岐阜の栗きんとんの中で、楽天グルメセレクションでグランプリを獲得している、南陽軒さんの栗きんとん。見た目は地味ですが、クチコミでは絶賛されておりテレビでもよく紹介されているそうです。
【山梨県】くろ玉
山梨県の定番お土産の1と言っていい澤田屋さんの「くろ玉」。表面の黒い部分は黒糖(沖縄県多良間島産)の羊羹で、中には甘く煮たえんどう豆(北海道産)をうぐいす餡に練り込まれています。
【富山県】甘金丹(かんこんたん)
富山の銘菓の1つで、反魂丹(丸薬の一種で、胃痛や腹痛に効く)に代表され売薬(富山は昔から売薬で有名)をイメージしているそうです。
【埼玉県】梅林堂 満願成就
創業がなんと元治元年(1864年)で150年以上続く老舗である梅林堂さんが手がける商品です。人形焼きを現代風にアレンジしたものです。
【岩手県】ごま摺り団子
西の赤福(三重県)、東のごま摺り団子と言われるほど有名なお菓子。開発当時(昭和63年ごろ)は団子の上に餡をぬるのが普通だったため「普通では面白くない」という考えのもと、逆に餡を団子に包むという逆の発想をしたそうです。ネーミングは開発当時の高度経済成長期に”ごますり”が流行していたことが影響しているとか。 もちもちの団子...