あんこ

Tagged
【高知県】青柳 土佐日記
紀貫之「土佐日記」を記念して誕生したお菓子で、昭和の時代から高知で親しまれきています。最近リニューアルしたそうで、柔らかいお餅(求肥)に独自製法のそぼろをまぶしたこだわり食感はそのままに、餡に土佐の天日塩を”ひとしお”加えて甘みを引き立たせて、まろやかな味に仕上がっているそうです。パッケージデザインもリニューアルしたん...
【愛媛県】亀井製菓 いよかんタルト
愛媛の名産である伊予柑で作った羊羹と柚子を練り込んだこしあんをカステラ生地で巻いた、愛媛の代表的なお菓子です。柑橘系を多く取り入れたお菓子で、愛媛!、という感じがしますね。一見するとロールケーキのようですが、あらかじめ食べやすい大きさ(11切れ)に切ってあるので、ナイフなどがない職場などへのお土産としても良さそうです。
【徳島県】阿波の稔り菓 穣々
徳島の名産品”なると金時”を贅沢に使用した餡をマドレーヌで包み込まれています。栗のような甘さのなると金時としっとりとした白餡が混ざり合い深い味わいに仕上がっているそうです。
【広島県】もみじファミリー
やまだ屋さんは昭和7年の創業当初からもみじ饅頭を製造されていて、伝統の味を継承しつつ時代に合わせたラインナップを展開しており、もみじ饅頭だけでなく様々なお菓子を販売しています。
【奈良県】菊之寿
特別なオーブンで焼き上げ、しっとりとした洋風生地にホクホクの黄身餡がお茶請けに絶賛されている、本家菊屋さんの”菊之寿”。ケーキのような和菓子ということで楽天市場ランキングで1位を獲得したこともあるそうです。
【滋賀県】レアチーズ大福
柔らか〜いお餅に少し固めのクリームチーズ餡とアクセントのラムレーズンまたはクランベリーが入った生菓子です。ラムレーズンとクランベリーが通年販売(店頭では季節限定)で、”洋菓子のような和菓子の味”にこだわりがあるそうです。
【山梨県】くろ玉
山梨県の定番お土産の1と言っていい澤田屋さんの「くろ玉」。表面の黒い部分は黒糖(沖縄県多良間島産)の羊羹で、中には甘く煮たえんどう豆(北海道産)をうぐいす餡に練り込まれています。
【栃木県】きぬにしき
昭和12年創業の日光の和菓子店「日昇堂」さんの和菓子”きぬにしき”。栃木産100%の小麦粉を使ってふんわり焼き上げられた生地に粒あんがサンドされています。
【青森県】いのち
「いのち」は青森のお土産で有名な、「気になるリンゴ」や「パティシエのりんごスティック」を作っている創業明治17年のラグノオさんが手がけるお菓子です。発売から30年が経過しており、間違いなくロングセラー商品の1つではないでしょうか。