▶︎和菓子

Category
【群馬県】清月堂 旅がらす
群馬で定番のお土産の一つで、コクがありどこか懐かしいミルククリームをサクッとした食感の鉱泉煎餅で挟んだお菓子です。味と食感を守り続けるために50年以上も変わらない製法で焼き上げているそう。
【栃木県】桝金 生どら焼きとちおとめ2倍
セルジオ越後さんが「とちおとめジャムがもっと入ったどら焼きを食べたい」と要望したことから生まれた商品だそうです。モチモチ感のあるどら焼きの皮に通常の2倍ものフレッシュなイチゴジャムを使用しており、要望したセルジオ越後さんからは「こんなに美味しいと他のどら焼きが売れなくなっちゃうんじゃない?」と心配されたほどだそうです。
【茨城県】亀じるし 水戸の梅
トップ画像出典:kamejirushi.co.jp   もくじ このお土産の基本情報を知りたい方は、まずはこちらをどうぞ! 1. 商品の紹介(クチコミ、豆知識など) 2. 商品表示(賞味期限、原材料など) 3. 製造元(製造業者の情報) 4. ラインナップ(内容量、パッケージ寸法) モールごとの送料込み通販最安値のショ...
【山形県】まるやま からからせんべい
山形・鶴岡に古くから伝わる駄菓子で、中にはおもちゃが入っています。おもちゃと言っても100均で売っているものや食玩のようなものではなく、民芸品に近いものですね。大人がもらってもちょっとしたアクセサリーやインテリアに使えそうです。おもちゃの種類はなんと150種類ほどあるらしいですよ!せんべいを振ると中で「カラカラ」と音が...
【福島県】三万石 ままどおる
福島の味として親しまれてきており、バターたっぷりのミルク味の餡が生地に包まれたお菓子です。”ずっと変わらないやさしい味わい”をキャッチフレーズとしており、県外の人がお土産に買うというよりは、福島県民が県外への手土産にするパターンが多いんだとか。購入できる場所が結構限られているそうです。
【秋田県】杉山壽山堂 元祖秋田諸越
上品な甘さと口の中で溶ける感覚が癖になる伝統的なお菓子です。”諸々のお菓子を超える風味”という意味からその名がついたとされる諸越ですが、杉山壽山堂さんはなんと1705年から300年以上も諸越を作り続けているそうなんです!
【宮城県】菓匠榮太楼 なまどら焼
トップ画像出典:菓匠榮太楼オンラインショップ   もくじ このお土産の基本情報を知りたい方は、まずはこちらをどうぞ! 1. 商品の紹介(クチコミ、豆知識など) 2. 商品表示(賞味期限、原材料など) 3. 製造元(製造業者の情報) 4. ラインナップ(内容量、パッケージ寸法) モールごとの送料込み通販最安値のショップ情...
【宮城県】喜久水庵 喜久福
柔らかいお餅の中に種類ごとに様々な餡とクリームが入った大福です。素材にはかなりのこだわりがあり、特に喜久水庵さんはお茶屋さんでもある事からお茶の品質には定評があるそうです。
【岩手県】すがた 元祖いかせんべい
本格的なイカの風味に驚かされると評判の”元祖いかせんべい”です。三陸沖で獲れたイカを時間をかけてじっくり煮出し、その煮汁とスルメ粉末によって噛めば噛むほどイカの味が口の中に広がるそうです!ただし結構硬いそうなのでご注意ください!
【大分県】ざびえる本舗 ざびえる
誕生から60年のロングセラー商品です。金と銀の2種類がパッケージに入っており、バターの風味が効いた洋風のビスケット生地の中には厳選された純和風白餡または刻まれたラムレーズン餡が入っています。大分で特に有名なお菓子ですね。元々は長久堂というところが製造・販売していましたが2000年に倒産してしまい、ざびえるを惜しむ声に応...
【熊本県】香梅 誉の陣太鼓
熊本のお土産といえばまずはコレを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?最高級の北海道産大納言小豆を使った秘伝の餡にもっちりとした求肥が入り、甘さを抑えたみずみずしいおいしさの鉄板お土産です。特許を取得しているという紙缶詰製法でパッケージにも高級感があり、どんな場面でも活躍してくれそうなのも嬉しですね!
【佐賀県】大原老舗 松露饅頭
佐賀・唐津を代表するお菓子です。北海道産小豆を使ったきめ細かいこし餡がぎっしりと詰まっており、職人さんが1つ1つ丁寧に薄いカステラ生地で丸く包んでいます。餡は甘さ控えめで少し羊羹を思わせる食感と風味なんだとか。こんなに餡がたっぷりで重くないの?と思われるかもしれませんが、1個の大きさは直径3〜4cmくらいですので、手軽...